TEL 043-486-4119
〒285-0823 千葉県佐倉市江原新田103

09月

おにぎりパーティー

DSC_9084

今日は子ども達が楽しみにしていたおにぎりパーティーでした。

子ども達が田植えをして、大きく育った稲穂を刈り取って、そうしてできた新米をお米の故郷「田んぼ」で食べるイベントです。

台風17号の進路もそれて今日は風の影響もなくなり、青く澄んだ秋の空に太陽が光って暑いくらいの日でした。

稲狩りが終わった後の田んぼに入ってワラを拾ったり、カエルを見つけて捕まえたり、田んぼの中を元気に動き回るこどもたち。子ども達の大好きなかけっこだって今日は田んぼの中。

稲刈り後の株が並んでいるのをコースに見立ててその間を上手に走っていくトトロさん。遅れながらも慎重に足を運ぶうさぎぐみさん。そしてマイペースでのんびり歩いてくるりすぐみさん。

ひとしきり遊んだあとは、さあ!お楽しみのおにぎりです。

 

トトロさんは自分の手で一生懸命握ったおにぎりです。三角おにぎりは難しいから丸いおにぎりにしようと決めてきた子、ちょっと欲張って大きめのおにぎりになってしまった子、どの子も上手にできました。

お外で食べるご飯は美味しいものですが、田んぼで食べるおにぎりもまた格別! 「おいしいねー」「自分で作ったおにぎり美味しいー!」「またお外で食べたーい!」「また来たいね。」

口におにぎりを頬張り、ほっぺにご飯粒をつけながら本当に嬉しそうな子ども達でした。

DSC_9153 DSC_9154 DSC_9167

 

ワラのベッド?

今日はうさぎぐみ・りすぐみ合同で田んぼに出かけて、稲刈り後の田んぼの様子を見てきました。

一面黄金色だった田んぼは刈り取りが終わり、すっかり何もない景色に。

稲を刈り取ったあとは稲穂の切り株?が線路のように続いていて、その狭い幅の間を楽しそうに歩いていました。

P1110532 P1110528

コンバインから吐き出されたわらが積もっている場所に行くと、誰からともなく寝ころぶ子ども達。

ワラの感触を知っているのかしらと思うほど体中で親しんでいましたよ。ワラのベッドに寝転んでみたくなるのは動物の本能なのでしょうか(笑)

P1110525 P1110520

ワラを見たことがない子ども(大人も?)が多いこの時代、自由につかんで遊べるのは幸せだなあと思った瞬間でした。

 

ひまわりのせいくらべ結果発表!

「ひまわりのせいくらべ」というイベントに参加し、ジャンボひまわりを育てたことは以前ブログでお知らせしていましたが、とうとうその結果が発表されました。

全国各地の小学校・幼稚園・保育園・特別支援学校・児童福祉施設から合計1541施設が参加し、のびのびハウスは3m85㎝でなんと11位。「おそらまでとどいたで賞」をいただきましたー!(ワーイ!ワーイ!)

一生懸命育てたのでとっても嬉しいです!

トトロさんがまいてくれた小さな種から芽が出て、あんなに大きなひまわりになるなんて、子ども達もきっといろいろなことを感じ取ってくれたと思います。大人の私でさえ、ぐんぐん育つ生命力の強さを感じることができました。

みんなの寄せ書きと表彰状はトトロの玄関に掲示してありますので、送迎の際に是非ご覧ください。

ひまわり1  ひまわり2

 

 

稲刈り

今年も稲刈りの時期がやってきました。春に裸足で田んぼに入って一生懸命植えた苗が立派に成長しました。

昨日の荒れたお天気とは一変して、青空と黄金色のコントラストがとてもきれいです。

うさぎぐみのお友達も一緒に田んぼまで歩いて行きました。

 

田んぼに入ると鎌の使い方を教わりながら刈り取っていきます。はじめは保育者が手を添えて一緒に、次は自分で。

しゃがむ位置や稲をつかむ場所を考えて鎌を動かすと、「サクッサクッ」といい音がします。

「できたー!」自分で刈り取った達成感があり、「なんか面白い!」「楽しい!」「もっとやりたーい!」と子ども達も前向きで嬉しくなりました。

「もう一回やりたい人?」と聞けば「はーい!」とみんな大きく手を挙げて、何度も刈り取りにチャレンジしました。

DSC_8388-1

 

刃物を使う作業なので怪我をしないようにと気を使いますが、力の入れ具合もちょうど良く、みんなとても上手でした。

新米がとれたら今度はおにぎりパーティー。新米のおにぎりを自分で作って田んぼに行って食べるのです。

「早くおにぎり食べたいなー」「いつやるの?」「楽しみだなあ」と次への期待も膨らんでいるようでしたよ。

DSC_8477-1