TEL 043-486-4119
〒285-0823 千葉県佐倉市江原新田103

10月

オオミズアオのその後(写真あります)

先日のオオミズアオのその後・・・

蛹になるまでの様子を観察しようと、飼育ケースにクヌギの枝を入れて幼虫をつかまらせておきました。

次の日どうなったかしらとみてみると・・・えーーーーーー!あんなに綺麗な蛍光黄緑色だった幼虫が茶色に変わっているではありませんか。

あの色だったから愛着がわいたのかもしれません。茶色のそれは虫好きな私でも正直ゲゲゲ…でした。

DSC_0401

そしてまた次の日見てみると・・・あれ?いない… いったんゲゲゲと思ってしまったので葉っぱの裏まで探す勇気もなく・・・

そして月曜日、改めてどこに行ったか探してみることに。

すると、葉っぱの間に挟まるような状態で蛹になっているではありませんか。しかも蝶の蛹のようなきれいな形ではなく、まるで噛んだガムを葉っぱにくっつけたような状態。

DSC_0403

蛾の蛹を見たのは初めてです。こんなふうにして越冬して夏に羽化するんですね。

オオミズアオの成虫は口が退化しているため、蝶のように蜜を吸ったりすることもなく、飲まず食わずで3日くらいで死んでしまうのだそうです。

食草を食べられる幼虫の時期に本当はもう少し食べておきたかったのかもしれませんが、捕まえてしまうと急いで蛹化するのはきっと本能なのでしょう。

ということで、幼虫の観察はほんの数日で終了。蛹は自然に帰してあげることにしました。

 

オオミズアオの幼虫 *写真あり

オオミズアオという蛾を知っていますか?

エメラルドグリーンのとても大きな蛾で、夏に外灯や自動販売機の近くにとまっているのを見たことがありませんか?

今日トトロのHくん・Yくん・Yちゃんのお迎えの時に子ども達が発見したようで、「なんかすごい虫がいるんだけど、なんていう虫?」と呼びに来てくれました。

見るときれいな黄緑色のボディーで外側はギザギザ。その先に少し毛が見えました。

蛾の幼虫・・・色はイラガに似ているけれど形が違うし・・・

「虫の名前を調べてみるからこの虫もらっていい?」「うん、いいよ」

ということで、トトロさんの昆虫図鑑を広げてみましたが見つからず、もう少しよく出ている図鑑で調べてみたら「あ!これだ!」。オオミズアオの幼虫だということがわかりました。

幼虫を観たのは私も初めてのこと。なんだか珍しいものを見ることができてうれしくなってしまいました。

ネットで調べると食草いくつか出ていました。クヌギ・サカキ・栗?どれも広場にある木なので何を食べていたのかは定かではありません。・・・がとりあえずクヌギの枝を切ってきてそこでしばらく暮らしてもらおうと思います。せめて蛹になるまで観察させてもらいたいなあと。

DSC_0400

 

セイタカアワダチソウ

先日さつま芋掘りの時のエピソードをふと思い出しました。

畑まで歩いてくると真正面が一面の黄色に・・・

子ども達もその景色にビックリしたようで、「せんせーあのお花畑どうしたの?」と聞いてくるほどでした。

でもお花畑じゃないんです。

DSC_0173

正解は「セイタカアワダチソウ」でした。

DSC_0175

近くで見るとこんな感じ・・・

セイタカアワダチソウは別名ブタクサといってアレルギーの原因と思っている方が多いのではないでしょうか。

私もその一人。てっきりそう思い込んでいましたが、調べてみたらブタクサとはまったく別の植物なのだそうです。

昔はこの花粉が悪さをすると考えられていたこともあったそうですが、この花粉が飛散する量は少なく、そんなに飛ばないのだそうです。

へえ~・・・

びっくりですね。

 

さつまいも掘り

今日はさつまいも掘りをしました。

シャベルを片手に芋掘りスタート。お芋が見え始めると「あったー!」とテンションが上がります。

おいものまわりは丁寧に手で掘らなければなりません。「自分でやる」と根気よく頑張る子もいれば、「せんせーここからが掘れなーい」とヘルプを出す子も。

太っちょおいもを掘り当てた子は掘りだすまでがちょっと大変でしたが、途中で折れないように注意しながら慎重に掘っていました。

面白いのは誰かが大きいお芋に悪戦苦闘していると、「手伝ってあげる」と手を貸してくれるのですが、手伝ってくれた子は掘り上げたら自分のものにしたい思いが見てわかるほど。もともと自分のお芋として頑張っていた子も「これは自分のおいも!」と取られないように必死にアピール。そこはうまく仲立ちしながらみんなで協力して掘り上げました(笑)

今日はお芋のお土産を持ち帰ります。お家で芋掘りの武勇伝に耳を傾けながら食べてくださいね。

DSC_0308

 

栗ごはん

今日のお昼は栗ご飯を炊きました。この栗は、園のどんぐり広場にある栗の木でとれたものです。

実りの秋…どんぐり広場の栗の実と自家栽培のお米で炊いた栗ご飯は、秋のやさしい味がしておいしかったです。

子ども達もおかわりして売れ行きが良かったです(笑)

自然の恵みに感謝です。

くりごはん