TEL 043-486-4119
〒285-0823 千葉県佐倉市江原新田103

12月

でっかい鬼が来たよ

今日は酒々井人形劇団ばんばんさんをお迎えし、人形劇鑑賞会を行いました。

いつもながら役になりきって演じる声は迫力があって、おはなしの世界に引き込まれます。

今日のお話には大きな鬼が出てきたので、体をかがめて耳をふさいで怖がっていた子ども達もいましたが、最後に鬼が小さくなって逃げて行ってしまうと笑みが戻りました。

小さいクラスのお友達もよく見ていて、舞台から鬼が飛び出すと「ドキッ!」とする場面もありましたが、そのたびに保育者の方を振り向き自分で「大丈夫よ」と言って自分を勇気づけるYくんの姿はかわいかったです。

全体的に怖がっていたのはトトロのお兄さんお姉さんたち。お話の内容がよくわかるだけに怖かったのでしょう。ティッシュで涙と鼻水をぬぐいながら「もうだめ・・・」と言いたげな目でこらえていたHくん、よく頑張りました(笑)

参観においでいただいたお母さん方も楽しんでいただけましたか?

ばんばんさん、素敵な人形劇をありがとうございました。

DSC_2205

DSC_2185 DSC_2195

 

 

 

おっぺし芋

DSC_2169

今日は給食の時におっぺし芋を食べました。

「おっぺし芋?」「なにそれ?」という方も多いでしょう(笑)

おっぺし芋とは里芋の子どもで、剥いて調理するには小さすぎるサイズの里芋です。

田舎ではこれを蒸かして醤油や塩をつけて食べます。指で押す(おっぺす)とつるんと剥けることからついた名前のようです。

調味料なしでも素材の味で十分美味しいんですよ。

一般家庭では珍しい食べ方だと思いますが、子ども達は「おいしい!」とよく食べていました。

美味しいものを食べると心もほっこり温かくなりますね。