TEL 043-486-4119
〒285-0823 千葉県佐倉市江原新田103

12月

ひよこ組のお散歩

ひよこ組は歩けるお友達が増えてきたので、園周辺のお散歩から少しずつ距離を伸ばして畑のお散歩に行く機会が増えてきました。

畑ではブロッコリーの葉についた夜露がキラキラコロコロと転がる様子を見たり、畑でゲットした宝物を大切に持って歩いたりと、それぞれが楽しみ方を見つけはじめました。

DSC_0002片手にブロッコリーの葉っぱ。もう片方の手には小さなサツマイモ。

DSC_0023落花生の鞘を見つけました。中身入ってるかな?

ついこの前までは畑一面に落花生の実を食べに来たカラスの大群がいて、足がすくんで動けなくなってしまった子どもたち。

その経験からカラスの鳴き声がわかったり、飛び立つ様子がわかったりして、カラスの居場所をすぐに探せる技を身につけました。スゴイ( ´∀` )

広々とした畑の景色ときれいな青空の下、小さな足で一歩ずつ大地を踏みしめて成長してく5人です。

次は何を見つけてくれるかな?楽しみですね。

DSC_0030

人形劇

今日は人形劇鑑賞会がありました。

さくらの丘からのご参加もあり、おばあちゃんたちに「こんにちはー」とご挨拶。

「かわいいねー」「いい子たちだねー」と目を細めて握手したり自己紹介をしたり、おばあちゃんたちも子どもたちも嬉しそうでした。

DSC_0216 DSC_0209

今年のお話は「ヘンゼルとグレーテル」。お話を知らないという子も何人かいましたが、目の前で人形が演じる様子にすっかり引き込まれていました。

子どもたちは「鬼」「おおかみ」と怖いキャラクターが苦手ですが、お菓子の家の悪いおばあさんが登場すると「こわーい・・・」と友達と肩を寄せ合って小さくなっている姿もあってかわいかったです。

ヘンゼルとグレーテルが悪いおばあさんから逃れるために作戦を相談する場面では、「それいいねー!」と大賛成の声。子どもたちも一緒にヘンゼルとグレーテルを応援してくれました。

助かっておうちへ戻る場面では、子どもたちも思わず立ち上がって「よかったよかった」とジャンプ。

最後には舞台から出てきたお人形さんと触れ合うこともできて、怖かったはずの悪いおばあさんの人形を抱っこして怖い声を出して笑ったりしていました。

 

お話の魅力ってすごいですね。大きなお友達は声を出して劇に参加していましたし、小さなお友達でも瞬きを忘れるほどじっと見入ったり、

場面ごとに驚いたり喜んだり、ちゃんとわかっているんだなあと感心しました。

おうちでも是非絵本を読んであげてください。人形劇とはまた違って場面を想像したり思い出したりすることができますよ。

DSC_0280

 

 

今日のりすぐみ

今日は旧印南へ行って遊んできました。

今朝は気温が低くて寒かったのですが、広い芝生でボールを追いかけたり、丸太の一本橋によじ登ったり元気な子どもたちです。

途中からひよこ組のお友達も合流。

小さいお友達の面倒を見てあげようと、水筒を手渡してくれたり、ベビーカーを一緒に押してくれたり、お世話が楽しくて仕方がない様子でした。

普段はお姉さんたちにお世話してもらうことが多いりす組さんですが、お姉さんたちから接し方を学び取り、優しい心が育ってくれていることにとても嬉しく微笑ましい一面を見ることができました。

DSC_0212 - コピー