TEL 043-486-4119
〒285-0823 千葉県佐倉市江原新田103

1-2歳児の保育
りすぐみ(1歳児)


健康・生活
もう赤ちゃんではないけれど、まだまだ小さな1歳児。食事・排泄・睡眠など基本的な生活習慣のことでも「しっかりさせなくちゃ」とあわてなくても大丈夫。
経験豊かな保育者が育児のパートナーです。園では生活から健康面まできめ細かく配慮していますので、規則正しい生活リズムが身につき健康的な毎日になりますよ。



運動・ことば
1歳児になると、発達もめざましくなります。
おぼつかなかった足どりがしっかりして、走ることを好むようになります。
獲得した言語数はまだわずかで、自分の意思を上手に伝
えられるようになるまでは、お友達との間で取った取られた・押した押されたなどがある時期です。
何にでも興味津々で、周りのお友達と
同じことをして喜んだりします。「ん!」でおしゃべりしていたと思ったら、言葉が出始めると次から次へと増えていきます。


あそび
1歳児はまだひとりあそびが中心です。○○遊びと名前がつかないような行動でも、あらゆるアンテナから情報を受けながら探索活動を楽しんでいます。何かを見つけたときには、そばにいる保育者に指差しで伝え、「本当だ。アリさんだねえ。動いてるねえ。」などとその驚きや発見の喜びを共有しています。
少人数制の良いところは、一人ひとりの子どもたちと深くかかわれるところだと思います。子どもたちの驚きや発見、何気ない出来事などを保育者は言葉にして語りかけ、その言葉を沢山たくわえてやがて自分の言葉として発するようになります。



うさぎぐみ(2歳児)



あそび
2歳児になると自分より小さな1歳児ささんの面倒をみたがる光景がよく見られます。それはかつて自分が1歳児さんの時にお兄さんお姉さんにしてもらっていたこと。
同じように小さなお友達の面倒を見ようとしている姿はとてもかわいいです。
遊び方はまだ自分中心ですが、お兄さんお姉さんたちの遊びを真似したり、仲間に入れてもらったりしながらいろいろなことを覚えていきます。
走っている姿・遊んでいる姿・やさしい姿・・・小さいながらにも憧れは良い刺激となります。自分でやってみたい・・・もちろん真似っこですが、保育者の助けを借りながらも気分は大成功なのです。



運動・ことば
2歳児は体や言葉の面でも精神的な面でも大きく成長を感じさせてくれる時期です。
足鳥がしっかりして上手に走れるようになります。
お散歩の距離も長く歩けるようになります。
言葉はますます達者になり、お友達や保育者と言葉のやり取りを楽しむことができます。
保育者やお友達の声を耳にしながらどんどん吸収していきます。



トイレトレーニング
2歳児の春から夏にかけてオムツはずしに良い季節です。園ではオムツに出ていないときはトイレに誘います。「でたよー」「でなかった」と笑顔で報告してくれます。トイレのあとは手を洗ったりスリッパをそろえたりする習慣も自然に身に付きます。


行事 
1-2歳児のお友達もいろいろな行事に参加します。
小さくたって小さいなりにできるんです。本物の畑で、本物の野菜を見て触ることも貴重な体験です。