• 園のご案内
  • 保護者の方へ

のびのびハウスよりご挨拶

この度は森と自然の保育園 のびのびハウスのホームページをご覧頂きありがとうございます。
当園は豊かな自然に囲まれ、閑静な住宅街と隣接した静かな場所にあります。開園当初から「大地を踏みしめ丈夫な心と丈夫な身体を育てます」を理念に掲げてきました。幼少期からの「すごいなあ」「おもしろいなあ」という経験は、やがて「どうしてだろう」「もっと知りたい」という主体的な学びの意欲につながっていきます。
就学までの大切な育ちに丁寧に寄り添っています。
是非一度見学においでください。
☆自然体験から得るさまざまなこと☆
自然に触れる本物体験を重ねていくことで、子どもたちは面白さや不思議さから心を揺り動かして目を輝かせます。
季節のにおいや鳥の声、空の色や雲の形、身近な自然からいろいろな事象に気付き五感を研ぎ澄ませていきます。
 
作物の収穫を体験することで、食への意欲が育ちます。
スーパーに並んでいる野菜ではなく、畑から自分でもぎ取った野菜の味は格別なのです。
自分が関わった体験は好き嫌いもなくしてくれます。
畑や田んぼではいろいろな生き物に出会ったり、季節ごとにいろいろな草花が出迎えてくれます。
生き物はみな他の生き物と関わりあっていて、水や空気・太陽など自然環境が影響していることも自然に理解していきます。
テントウムシが野菜についたアブラムシを食べてくれること、水や太陽がないと植物が元気に育たないこともわかっていきます。
触ると危ない生き物がとんなところにいるか知ることも大切なことです。
ダンゴムシやミミズは良い土を作ってくれます。
クマゼミの声が聞こえるようになったり、ナガサキアゲハをよく見るようになったり、これらの生息域が北上していることは地球温暖化の影響と言われています。
自然の生き物が教えてくれることが沢山あります。
 
ツバメが園舎に巣を作って子育てする様子を見せてくれます。
親鳥が小さな虫を捕まえて餌を運ぶ様子や、雛がくちばしを開けて餌をもらう様子を見上げて、巣立ちの日まで見守っています。
送迎時に親子で巣を見上げている姿も微笑ましいです。
ある日のかわいい出来事…口に手を当てて「シー」と言う男の子。
聞くと「ツバメの赤ちゃんが寝てるから静かにね」とのことでした。
  
☆お知らせ☆
園舎の増改築工事が終了し、令和3年度より定員49名になりました。
0歳児.1歳児.2歳児の保育室に床暖房設置
3歳未満児用トイレ増設
園児用手洗いはお湯が出るようになりました。
☆健康経営優良法人2021(中小企業法人部門)に認定されました。☆
仕事と家庭、両立しよう! 両立支援のひろば
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
子育てについての相談を随時受け付けています。心配なこと、うまくいかなくて悩んでいること、ほかの人はどうやっているの?などお気軽に。
「子育て相談」とお電話いただければ、ご都合の良い日時をお約束させていただきます。

新着情報